« APEC札幌会合が開幕 (北海道) | トップページ | 札幌 市電が5時間近くストップ(北海道) »

2010年6月 2日 (水)

元連合札幌会長の控訴棄却…小林議員選挙違反事件

昨年8月の衆院選北海道5区で当選した民主党の小林千代美衆院議員(41)の陣営幹部による選挙違反事件で、公職選挙法違反(買収の約束、事前運動)に問われた元連合札幌会長山本広和被告(61)の控訴審判決が1日、札幌高裁であり、小川育央裁判長は懲役2年、執行猶予5年とした1審・札幌地裁判決を支持し、山本被告側の控訴を棄却した。

 山本被告の弁護人は上告する方針。山本被告は小林氏陣営の選対委員長代行だったことから、禁固以上の刑が確定し、連座制が適用されれば、小林氏は自動的に議員を失職する。

 控訴審判決を受け、小林議員は「判決の結果は厳粛に受け止めている。今後の弁護側の判断を見守っていきたい」とのコメントを発表したが、自身の進退には触れなかった。

※果たして議員になったから金にモノを言わせるようになったのか
それとも、みんなやっているから自分もやっただけなのかどっちなんでしょうかね。
ま、私は後者だと思います。実に日本人らしいです。ちなみに私も日本人です道民です。

« APEC札幌会合が開幕 (北海道) | トップページ | 札幌 市電が5時間近くストップ(北海道) »

札幌」カテゴリの記事