« 保育所待機児童:札幌で倍増 経済悪化で共働き急増 | トップページ | コンサ農園開園 札幌5選手が畑仕事 »

2010年5月20日 (木)

札幌などでJR信号トラブル 朝3万8000人に影響

◇千歳・函館線一部止まる

19日午前7時40分ごろ、JR函館線の苗穂(札幌市中央区)-白石(同市白石区)駅間で、2カ所の信号が赤のままになるトラブルが起き、千歳線と函館線の一部で約1時間半運転を見合わせた。この影響で特急6本など83本が運休(部分運休含む)し、朝の通勤や新千歳空港の利用客ら約3万8000人の足を直撃した。

JR北海道によると、トラブルの原因は、両駅間にある場内信号機に、電車が通っていないのに何らかの異常で電車があるような過度の電気が流れ、ブレーカーが落ちたため。信号は9時過ぎに復旧したが、その間、千歳線上り線の札幌-新千歳空港・苫小牧間と、函館線下り線の札幌-岩見沢間で運転を見合わせ、旭川発札幌行き特急「スーパーカムイ20号」などが運休した。

朝のラッシュ時に重なったこともあり、JR札幌駅は遅延証明書を求める乗客らで混雑した。市営地下鉄が並走する札幌-新札幌間では代替輸送を実施し、札幌発の140人が利用したという。

コメント:
この時間帯は凄かったみたいですね。
私は幸いにも6時台の電車だったので特に影響はうけませんでした。
でもほんと朝1で電車が止まると出社するテンション下がりますよね。

« 保育所待機児童:札幌で倍増 経済悪化で共働き急増 | トップページ | コンサ農園開園 札幌5選手が畑仕事 »

札幌」カテゴリの記事