« 札幌・事故多発交差点マップを作成 /北海道 | トップページ | 道警不祥事:警視を略式起訴 女性のスカート内盗撮 »

2010年3月17日 (水)

札幌火災、介護中に出火か グループホーム7人死亡

札幌市北区の高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」で 7人が死亡した火災で、夜勤の女性職員(24)が火災を通報した後、病院に搬送される際「1階入居者のおむつを交換していた時に、ストーブからの火災を発 見した。すぐに消せないぐらいの炎が上がっていた」と救急隊員に説明していたことが15日、札幌市消防局への取材で分かった。

               

  北海道警によると、女性職員は当時「消火器で消そうとしたが消せなかった」とも説明。実際に消火器で消そうとした形跡も確認された。介護中に出火し、気付 いた時には既に火勢が激しくなっていた可能性があり、道警はのどのやけどで入院している女性職員の回復を待って事情を聴く。

               

 道警は14日の関係先の家宅捜索で、施設や雇用に関する書類などを押収しており、業務上過失致死容疑を視野に捜査を進めている。

               

 道警や市消防局によると、火元とみられる1階居間の灯油ストーブ近くで、日常的に洗濯物を干していたことが、これまでに判明。ストーブ付近には焼け焦げた布類があったほか、物干し用とみられる長さ50~60センチ、直径5~10ミリの金属棒が十数本落ちていたという。

« 札幌・事故多発交差点マップを作成 /北海道 | トップページ | 道警不祥事:警視を略式起訴 女性のスカート内盗撮 »

札幌」カテゴリの記事