« 札幌地裁 車で警備員はねた強盗致傷事件 懲役7年求刑 | トップページ | 札幌延伸「負担に目算」 知事、道新幹線で政府に要望 »

2010年2月 9日 (火)

ゴン復活に、札幌石崎監督も動きを絶賛

ゴンの復活に、石崎信弘監督(51)をはじめ、札幌のチームメートが刺激を受けた。コンサドーレ札幌グアムキャンプ19日目の7日、8対6や8対8の守備戦術の練習で、初めて全体練習に加わった中山雅史(42)が前線で盛んに動き回った。オフサイドの位置で自在に動きながらも、回り込みながらすきを見て下がり、中盤からのボールを受ける。さらにいったん下がってDF裏のスペースを狙うなど、シュートこそ打てなかったが渋いプレーを連発。その姿に皆が注目した。

 石崎監督は中山について「常に動きながら裏を狙っている。だめなら次、次とゴールを狙えるところに入っていく。オフザボールの動きがうまい」と絶賛した。センターバックとして対峙(たいじ)したDF西嶋も「中山さんはいい動きをします」と、守りにくさを強調した。

 若手選手との距離感も徐々に縮まっている。FW上原は「最初のころは話しかけづらいこともあったけど、今はそんなことはなくなりました」と笑った。この日の午前練習で行われたペース走で、中山と同グループで走ったMF岩沼も「休憩の合間に盛り上げてくれるので元気が出る」と話した。プレー、精神両面で柱になる中山が入り、ムードはがぜん良くなってきた。

« 札幌地裁 車で警備員はねた強盗致傷事件 懲役7年求刑 | トップページ | 札幌延伸「負担に目算」 知事、道新幹線で政府に要望 »

札幌」カテゴリの記事