« 144キロ左腕の札幌創成・金沢 仙台大進学 | トップページ | 木村治氏死去 元札幌高検検事長 »

2010年1月12日 (火)

札幌地裁 障害年金詐取した元受給者に実刑判決

札幌地裁 障害年金詐取した元受給者に実刑判決

聴覚障害を装った障害年金詐欺事件で、詐欺と虚偽診断書作成、同行使の罪に問われた元受給者で北海道芦別市、無職、鈴木秀夫被告(61)に、札幌地裁は12日、懲役2年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

事件では、医師、前田幸●(=日の下に立)被告(74)=詐欺罪などで起訴=らと共謀したとして、道内の受給者20人が在宅起訴されたが、このうち鈴木被告の詐取金額は約1090万円と最も多かった。

判決理由で井上豊裁判官は「知人から(不正受給の)システムを教えられて及んだ計画的な犯行で、被害は多額。利欲目的で刑事責任は重い」と述べた。

判決によると、鈴木被告は前田被告らと共謀。聴力を偽って記載した診断書を社会保険事務所に提出し、平成16年3月~20年4月、計約1090万円を詐取した。

« 144キロ左腕の札幌創成・金沢 仙台大進学 | トップページ | 木村治氏死去 元札幌高検検事長 »

札幌」カテゴリの記事