« 札幌・聴覚障害偽装:年金詐取仲介の被告に懲役3年 | トップページ | 札幌・聴覚障害偽装:仲介役に実刑判決 »

2010年1月20日 (水)

札幌・雪まつり雪像を制作する自衛隊員に特製ラーメン

北海道製麺(せいめん)協同組合の青年部と技能士会メンバーが18日、「第61回さっぽろ雪まつり」の準備が進む大通会場を訪れ、大雪像の制作に励む自衛隊員らに“真心”のこもったラーメンを差し入れた。

33回目を数えるボランティアで、松平孝司・青年部長が「温かいラーメンを食べ、元気に雪像造りに励んでください」とあいさつ。雪像制作隊本部隊長の田上実一等陸尉は「ラーメンと一緒に皆さんの温かい心を頂きました。見た人に感動を与えられるような雪像を目指します」と力強く誓った。

今回は道産小麦100%の麺を使った特製「おまち道産ラーメン」を600食用意。会員らが自衛隊の炊事車で作ったスープや麺を盛り付け、'09ミスさっぽろの高室仁見さんら女性陣が隊員一人一人に「寒い中ご苦労さまです。頑張ってくださいね」などとねぎらいの声を掛けながら手渡した。

同雪まつりは市内中央区の「大通」「すすきの」両会場と、東区の「つどーむ」会場で、来月5日から11日まで開催される。

« 札幌・聴覚障害偽装:年金詐取仲介の被告に懲役3年 | トップページ | 札幌・聴覚障害偽装:仲介役に実刑判決 »

札幌」カテゴリの記事