« 札幌11月中ユニホームスポンサー決定へ | トップページ | 札幌石崎監督続投、正式オファーを受諾 »

2009年11月18日 (水)

[ 札幌・曽田雄志選手 現役引退 ]

[ 札幌・曽田雄志選手 現役引退 ]

“ミスターコンサドーレ”がピッチを去る―。札幌のDF曽田雄志(31)が17日、札幌ドーム内のクラブ事務所で今季限りの現役引退を表明した。在籍9年は、チーム史上最長だった。

表情は最後まで晴れなかった。引退を決意したのは今月12日。13日には石崎監督に報告し、選手にも16日に苦渋の決断を告げた。「すっきりはしていない。(決断に)後悔はないけど(現役には)未練がある。辞めるのはそういうもの」

原因はケガだった。07年はJ1昇格に貢献も、昨年5月に左ひざと腰、9月には両ひざを再び手術。再起を誓った今季も、ひざの痛みと、腰痛に苦しんだ。8月23日、大宮とのサテライト戦(宮の沢白い恋人サッカー場)で復帰も、9月下旬に痛みが再発。リハビリの日々が続いていた。「競争をみんなとするのが厳しい状況。1、2試合ならできるが、またすぐに痛くなる」と明かした。

« 札幌11月中ユニホームスポンサー決定へ | トップページ | 札幌石崎監督続投、正式オファーを受諾 »

札幌」カテゴリの記事