« 札幌・本棚下敷き:下段つぶれ倒壊か | トップページ | 札幌を“スイーツ王国”に! 全国ブランド化、海外販売も »

2009年10月16日 (金)

札幌・旭川にもインフル警報

札幌・旭川にもインフル警報

札幌市保健所と旭川市保健所は15日、インフルエンザ警報を発令した。
札幌市保健所によると、定点調査をしている1医療機関あたりの1週間(5~11日)の患者数が警報の基準となる30人を上回り、51・66人となった。
旭川市保健所の管内では32・38人になったという。

札幌市は患者急増に対応するため、17日以降の休日・夜間の医療体制を拡充する。
18日の休日当番医の小児科を当初の5施設から7施設に、内科を8施設から9施設に増やす。
25日も同様の体制になるよう調整しているという。
夜間急病センターは17、18両日、深夜帯(午前0~7時)の内科兼小児科の担当医を現在の2人から少なくとも1人増やすという。

« 札幌・本棚下敷き:下段つぶれ倒壊か | トップページ | 札幌を“スイーツ王国”に! 全国ブランド化、海外販売も »

札幌」カテゴリの記事