« 札幌市の10代女性からタミフル耐性ウイルスを検出 | トップページ | 札幌市東区:火災:雑居ビル全焼 »

2009年10月 9日 (金)

札幌の弁護士、覚せい剤使用容疑で再逮捕

札幌の弁護士、覚せい剤使用容疑で再逮捕

札幌中央署は8日、札幌弁護士会の元副会長で弁護士の加藤恭嗣(やすし)容疑者(51)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕した。
加藤容疑者は「自分で使用したことは間違いない」と容疑を認めているという。
発表では、加藤容疑者は9月上旬から中旬、札幌市内のホテルで覚せい剤を使用した疑い。
尿検査で覚せい剤の使用を示す陽性反応が出ており、左ひじに複数の注射痕があるという。
一方、札幌地検は8日、加藤容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)で札幌地裁に起訴した。

« 札幌市の10代女性からタミフル耐性ウイルスを検出 | トップページ | 札幌市東区:火災:雑居ビル全焼 »

札幌」カテゴリの記事