« 札幌MF古田U18代表の“キング”になる | トップページ | 札幌耐震偽造 5億円賠償命令 札幌地裁判決 »

2009年10月29日 (木)

道営競馬が札幌撤退へ 来年度 門別単独開催に

道営競馬が札幌撤退へ 来年度 門別単独開催に

単年度赤字の解消を目指す道営ホッカイドウ競馬について、道は29日、本年度限りで札幌競馬場(札幌市中央区)でのレース開催から撤退する方向で調整に入った。
札幌競馬場での場外馬券発売を本年度で終了することも既に決まっており、道営競馬は同競馬場から完全撤退となる。
道は今後、同競馬場を所有する日本中央競馬会(JRA)など関係機関と最終調整する。
札幌競馬場では例年4月下旬から5月上旬にレースを4~6日間開催。今年の6日間のレース総売上額は、計画比11・5%減の7億2100万円にとどまった。
本年度までの道営競馬全体の累積赤字は239億4千万円に上り、道は本年度、道営競馬運営に一般会計から3億円を繰り入れている。




« 札幌MF古田U18代表の“キング”になる | トップページ | 札幌耐震偽造 5億円賠償命令 札幌地裁判決 »

札幌」カテゴリの記事